HSBC香港口座開設完全無料サポート実施中

セブン銀行ATMの利用方法

このページは、日本から残高照会と引き出しが出来る、セブン銀行ATMの利用方法を紹介します。

残高照会や円の引き出しを行うことで、ダウングレード等の新しいキャッシュカードが自宅に届いた際のアクティベートにもなります。

ゆうちょ銀行でもアクティベートは可能ですが、引出しのみとなっており、残高照会はできません。

注意

日本のATMからの現金のお引出しは、日本円のみとなります。

日本円のみのお引出しとなりますが、ご自身のJPY口座にいくら現金がございましても、日本から引き出す事はできません。
ご自身のHKD口座内にHKDが必要です。

また、引出し相当額以上のHKD預金が無い場合、引出しはできません。
ATMをご利用前に、ネットバンキングでご確認されることをお勧めいたします。

セブン銀行ATMは、日本語の表示ができません。

ATM利用途中で操作が分からなくなった場合、無理をせず、一旦操作を取り消し、最初からやり直しましょう。

当ウェブサイトの情報を利用してのATM利用につきましては、その利益または損失は、すべてお客様ご自身に帰属するものであり、当社には何ら責任義務が発生しないものとします。

1. セブン銀行ATMで残高照会の方法

① HSBC香港のキャッシュカードを挿入します。

ATMの点滅しているキャッシュカード挿入口にHSBCキャッシュカードを挿入します。

② 使用言語を選択

英語、中国語、韓国語、ポルトガル語の中から言語を選択します。
この解説の場合は、英語「English」を選択します。

③ 「Balance Inquiry」(残高照会)を選択

もう一方の「Withdrawal」は現金引出しです。

④ 手数料についての確認

画面には手数料について書いてあります。
確認ができましたら、「Confirm」を押します。

⑤ 「Saving」を選択

⑥ PIN(暗証番号)を入力します。

6ケタのPINを入力します。(4桁ではありません)
入力が完了したら「Enter」を押します。

⑦ 残高の表示 画面に残高が表示されます。

画面の左下には、HKD口座にあるHKDを日本円に換算した場合の口座残高が表示されます。
引き続き現金の引出し操作などを行う場合は「Another Transaction」を 押します。
終了する場合は「Confirm」を押してください。終了するとキャッシュカードが排出されます。

2. セブン銀行ATMから円の引出し方法

① HSBC香港のキャッシュカードを挿入します。

ATMの点滅しているキャッシュカード挿入口にHSBCキャッシュカードを挿入します。

② 使用言語を選択

英語、中国語、韓国語、ポルトガル語の中から言語を選択します。
この解説の場合は、英語「English」を選択します。

③ 「Withdrawal」(現金引出)を選択

もう一方の「Balance Inquiry」は残高照会です。

④ 手数料についての確認

画面には手数料について書いてあります。
確認が出来ましたら「Confirm」を押します。

⑤ 普通預金口座の「Saving」を選択します。

「Checking」は、当座預金口座となります。
「Credit」=クレジットカードです。

⑥ PIN(暗証番号)を入力します。

6ケタのPINを入力します。(4桁ではありません)
入力が完了したら「Enter」を押します。

⑦ 引出し金額を入力

表示されている金額を選ぶことができます。
また、金額を指定する場合には「OTHER」を選択し金額を入力します。

金額を指定する場合には、ご自身のグレードに合わせた引出し額を入力してください。

限度額を超えて入力した場合、引き出せません。

⑧ 現金、利用明細、カードが排出され、取引は終了です。

明細書には、引き出した金額のみが印字されています。